特定非営利活動法人川崎市精神保健福祉家族会連合会あやめ会は、川崎市内の7家族会と連携して、精神障がい者およびその家族が安心して暮らせる社会の構築を目指して活動しています。
 各区を活動拠点とする家族会は、次のとおりです。
  さんか会(川崎区) さちの会(幸区) こすぎ会(中原区) すいよう会(高津区) もくよう会(宮前区)
  泰山木の会(多摩区・麻生区) 麻生やまゆりの会(麻生区)
                                                                                                 

トピック

各区役所の保健福祉センターが地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)に改称
それにともない、高齢・障害課が3係から4係になり、精神保健係ができました。
50周年記念誌に誤記があります。謹んでお詫び申し上げます。
川崎市議会各会派とのヒアリングの後に、平成30年8月14日に市に要望書を提出しました。
テーマ:地域とともに歩む精神保健福祉へ  

イベント・研修会

家族学習会・公開講座窓の会のプログラム行政等への意見・要望活動家族会入会のご案内心の電話相談
あやめ会は、川崎市内に在住している精神に障がいを持つ方とその家族によって組織され運営されています。 その目的は精神に障がいを持つ方や家族が安心して暮らせる社会の構築を目指すと共に、川崎市における精神保健福祉の向上に努めております。 活動は、これら目的を達成するために、心の健康相談、訪問活動、家族学習会・交流研修会、地域活動支援センターやグループホームの運営、要望活動、レクリェーション活動、広報活動などの各種事業を行っております。 その組織機構は、川崎市内の7家族会(各区1ヵ所の家族会)と4事業所(地域活動支援センター2ヵ所、共同生活援助事業所2ヵ所)により構成されています。 当会は、昭和44年に設立され、昭和50年代からあやめ作業所(県下第1号)をはじめ5ヵ所の作業所(その後、作業所のうち4ヵ所は他の福祉団体へ業務移譲)や平成になってからはホームAYAMEなど2ヵ所のグループホームを開設・運営をしております。 平成12年からはひきこもり支援を目的に地域活動支援センター「窓の会」を新たに開設し、同年に現在の地域福祉施設「ちどり」に川崎市の許可を得て事務所を開設しております。 さらに平成17年度には特定非営利活動法人の認定を受けて、今日に至っており、平成30年には設立50周年を迎えました。